So-net無料ブログ作成
検索選択

自動車ローンの支払いがまだ残ってい

自動車ローン支払いがまだ残っている状況でも買取業者に売却することは可能です。
ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じである必要があります。
もしローン会社の社名が車検証に記載されている時は、ローンを返し終わるまではローン会社所有の車ということになりますから、売却するとしたらローン完済後ということになるのです。
但し、ローン会社から承認を取り付ければ、売った代金で残債を消し込むのを条件に売却することもできます。
買取のお店に行く暇がなかったとしても、車の査定をネット上で可能なサイトはたくさん存在しています。
より詳細な見積価格については本当に売却する車を査定してみないことには算定不可能でしょうが、たくさんの買取業者の見積もりを同時に瞬時に知ることが可能ですから、その時点での相場価格の概算を把握できるのでとても便利です。
もっというと、極端に相場とズレた値段を提示してくる業者を候補から外して、それ以外の業者と取り引きしようと考えることも出来ますね。
買取対象となる車を業者が査定する際は、複数のチェック項目ごとに基準値を設けてマイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。
そこで必ず減点対象となるのは、ボディやバンパーの目立った傷、ヘコミでしょう。
ただ、あまり気にして自分で直そうと思ってしまうと、却って減点が大きくなる状況にもなり得ます。
身内が修理工場で自分も腕に覚えがあるというのならともかく、業者に売るのであればヘタに手を加えないほうが良いです。

【二十四節気・七十二候】春分はどんな季節?

20日からは二十四節気「春分」、七十二候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」。 20日のみを春分の日とすることもありますが、3月20日〜4月3日までの15日間も春分となります。 今回は、そんな春分がどんな季節なのかをご紹介します。(続きを読む)




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

売却予定の中古車の査定額が低下す

売却予定の中古車査定額が低下する主要な原因は幾つか存在しますが、最も大きな査定低下の要因は、その車が事故や故障で修理歴があるということです。
ものによっては査定金額が付かないところまで下がってしまう時もあるのです。
そうは言っても、事故などで修理してしまうと必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、車の骨格部分まで損傷が広がっていて、甚大なダメージを修理してあるのが修理歴車なのです。
今乗っている車を手放して売ろうとするときには何点かの書類が入り用になります。
何点かの書類が必要だといっても、車関連の書類をなくさずにひとまとめにしていて、且つ結婚などによる姓の変更や引っ越しなどで住所の変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。
印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて自動車を買うときにも提出が求められますから、車の売却用と購入用に2枚一緒に取っておくと良いかも知れませんね。
印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。
車を実際に売ることを決定したらすぐに取得しておくと、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。
車を査定する際には車の所有者が必ず臨席しなければならないなどという規定は聞いたことがありませんが、車の持ち主がいない場所で起きがちな問題を回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、車の持ち主が訪問査定時に立ち会った方が良いでしょう。
酷い業者ばかりとは限りませんが、なかには人が見ていないのを幸いとばかりにこっそりキズをつけて本来の額より低い値段で買い取ろうとするケースも報告されています。

イベント編 北摂 /大阪

18日(土)、19日(日)9時半~16時半、吹田市千里万博記念公園(大阪モノレール万博記念公園駅徒歩3分)。日本最大級の屋外鉄道イベント。関西を中心に鉄道会社が多数参加。鉄道グッズの販売、ミニ電車試乗、全国の物産販売、ステージなど。入場無料(入園料別)。(続きを読む)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

もうすでに自動車を売ってしまっているのに「瑕

もうすでに自動車を売ってしまっているのに、「瑕疵担保責任」を言い訳にして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。
事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、中古自動車査定士が傷などを見落としていたことによるものならば自分が非難される筋合いはないでしょう。
どうしても納得いかないときには、最寄りの国民生活センターへ行って、車の売却でいざこざになっている旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。
消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中古自動車に関連した不安、疑問、トラブルといった諸問題の相談がきます。
特に中古車売却についての事案は多く、全体に占める割合も増えています。
よくある例としては、買取一括査定のサイトを利用したら、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。
おかしいなと思ったら、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談するようにしましょう。
車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。
基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。
そして10万を超えると過走行車となり、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。
かといって車の価値がゼロ円だのといったものではありません。
ここは視点を変えてみましょう。
この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。
そういった業者に相談すると、使えるパーツ単位で計算してきちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

ドコモ、DAZNで勝負 ライブ配信で可処分時間奪えるか

NTTドコモがスポーツ映像のライブ配信でソフトバンクに真っ向勝負を挑む。Jリーグの放映権を巨額で獲得した英パフォーム・グループと組み、「DAZN for docomo」を2017年2月15日に開始した。大手同士のタッグにより、数百万件規模と桁違いの顧客獲得を目指す。同分野では (続きを読む)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車