So-net無料ブログ作成
検索選択

売却予定の中古車の査定額が低下す

売却予定の中古車査定額が低下する主要な原因は幾つか存在しますが、最も大きな査定低下の要因は、その車が事故や故障で修理歴があるということです。
ものによっては査定金額が付かないところまで下がってしまう時もあるのです。
そうは言っても、事故などで修理してしまうと必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、車の骨格部分まで損傷が広がっていて、甚大なダメージを修理してあるのが修理歴車なのです。
今乗っている車を手放して売ろうとするときには何点かの書類が入り用になります。
何点かの書類が必要だといっても、車関連の書類をなくさずにひとまとめにしていて、且つ結婚などによる姓の変更や引っ越しなどで住所の変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。
印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて自動車を買うときにも提出が求められますから、車の売却用と購入用に2枚一緒に取っておくと良いかも知れませんね。
印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。
車を実際に売ることを決定したらすぐに取得しておくと、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。
車を査定する際には車の所有者が必ず臨席しなければならないなどという規定は聞いたことがありませんが、車の持ち主がいない場所で起きがちな問題を回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、車の持ち主が訪問査定時に立ち会った方が良いでしょう。
酷い業者ばかりとは限りませんが、なかには人が見ていないのを幸いとばかりにこっそりキズをつけて本来の額より低い値段で買い取ろうとするケースも報告されています。

イベント編 北摂 /大阪

18日(土)、19日(日)9時半~16時半、吹田市千里万博記念公園(大阪モノレール万博記念公園駅徒歩3分)。日本最大級の屋外鉄道イベント。関西を中心に鉄道会社が多数参加。鉄道グッズの販売、ミニ電車試乗、全国の物産販売、ステージなど。入場無料(入園料別)。(続きを読む)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。