So-net無料ブログ作成

もうすでに自動車を売ってしまっているのに「瑕

もうすでに自動車を売ってしまっているのに、「瑕疵担保責任」を言い訳にして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。
事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、中古自動車査定士が傷などを見落としていたことによるものならば自分が非難される筋合いはないでしょう。
どうしても納得いかないときには、最寄りの国民生活センターへ行って、車の売却でいざこざになっている旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。
消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中古自動車に関連した不安、疑問、トラブルといった諸問題の相談がきます。
特に中古車売却についての事案は多く、全体に占める割合も増えています。
よくある例としては、買取一括査定のサイトを利用したら、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。
おかしいなと思ったら、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談するようにしましょう。
車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。
基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。
そして10万を超えると過走行車となり、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。
かといって車の価値がゼロ円だのといったものではありません。
ここは視点を変えてみましょう。
この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。
そういった業者に相談すると、使えるパーツ単位で計算してきちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

ドコモ、DAZNで勝負 ライブ配信で可処分時間奪えるか

NTTドコモがスポーツ映像のライブ配信でソフトバンクに真っ向勝負を挑む。Jリーグの放映権を巨額で獲得した英パフォーム・グループと組み、「DAZN for docomo」を2017年2月15日に開始した。大手同士のタッグにより、数百万件規模と桁違いの顧客獲得を目指す。同分野では (続きを読む)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。